スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェミニズム≒ナチズム なぜフェミニストは話が通じないのか

なぜ、フェミニスト※には論理的な話が通じないのだろうか、と考えたことがある。

(※フェミニストの自覚はないがフェミニストと同じ主張をする女性、すなわち無自覚のフェミニスト、フェミニストの使徒たる「男性学」の人々、およびフェミニズムの主張を信じきってしまっている男性等を含む)

世の中の女性優遇の制度についての議論があったとき、どうしても話が通じない人、話がかみ合わない人に出くわすが、そういう人と出会った時、彼らの主張の根底に「女性は被害者だから」という思想があり、それのみですべての理屈が通ると思っている、ということに気付くことができる。

彼ら、彼女らは「男性=加害者」「女性=被害者」の構図でしか物事を解釈できないのだ。


下記のようなtogetter(twitterのまとめ)を見つけた。
男性差別と黒人差別と研究者

「黒人の犯罪率は高いから黒人を警戒したり、隔離するのは区別だ(白人専用)」
「男性の犯罪率は高いから警戒したり、隔離するのは区別だ。(女性専用)」

フラットな思考で論理的に考えれば、どちらも「差別」(もしくはどちらも「区別」)という結論以外にはならないのであるが、フェミニスト(およびフェミニズムの男性信徒)達は、「黒人に対するものは差別!」「男性に対するものは区別!」という結論をはじき出す。


これは、フェミニズムがカルト宗教もしくは思想であって、決して、論理的にものごとを分析する「科学」ではないためである

そしてそのカルト宗教の教典にはこう記述されている。

「女性は男性に虐げられてきた。女性はいつ、いかなる時も絶対に被害者(善)であり、男性はいつ、いかなる時も加害者(悪)である。男性は女性に対して負い目があり、その負債を永久に支払い続けなければならない」

この「女性は被害者だから」という思想がすべての根底にあり、どんなに矛盾した発想であっても、全て「女性は被害者だから」で反論して、正当化しようとするのだ。

「黒人の犯罪率は高いから黒人を警戒したり、隔離するのは区別だ(白人専用)」
⇒属性に基づく不当な差別!

「男性の犯罪率は高いから警戒したり、隔離するのは区別だ。(女性専用)」
⇒属性に基づく不当な差別!
⇒ 女性は被害に遭っているから、女性を守るための合理的な区別!

というように、破綻している論理も、彼女らの頭の中では筋が通っているのだ。


では、あらゆる女性優遇策の根拠となる「女性は被害者」という概念そのものに対して「それは間違っている」と論破することもできるのではないか。

しかし、フェミニストにとっての「女性は被害者」という概念は、キリスト教で言うところの「聖書」、イスラム教で言うところの「コーラン」に記述されている、神の言葉、もしくは神そのものである。

「女性は被害者」という概念は、彼女たちをフェミニストたらしめるアイデンティティそのものなのである。

神(「女性は被害者」という概念)が絶対的な事実として全ての事象の根底にあり、そこから話がスタートしてしまう。神(「女性は被害者」という概念)そのものを疑うことなどは決してなく、どんなに論理的に論破されようと覆ることはない。

よって、フェミニストに対して「『女性は被害者』という概念は正しくない」と論破することは、イスラム原理主義者に対して、「神はいない」と言って論理的科学的に論破しようとするに等しいことであり絶対的に不可能なのである。

この「女性は被害者」という神格化された概念によって、世の中のすべてのものごとは女性差別と定義づけることができ、したがって全ての女性優遇、男性に対する弾圧が「合理的な区別」となるのだ。
フェミニズムは殺戮、略奪、全ての犯罪行為を「神」の名のもとに正当化する、宗教的原理主義者と根は同じなのである。


ちなみに、私はこれ(「我々は被害者」)と同じ発想を持ち、人類の歴史に残る汚点となったカルト思想を知っている。

そう、「ナチス」である。
ナチ国旗
(画像 wikipedia「ナチス・ドイツ」より引用)


ナチズムではユダヤ人は、「すべての反ドイツ的なものの創造者」であるとされた。つまり第一次世界大戦の張本人であり、民主主義、議会主義、マルクス主義、ボルシェヴィズム、自由主義、平等主義などを生み出し、ドイツに敵対する国家の背後で糸を引きながら、ドイツ人を含むすべての民族の破滅を狙っているとされた。
wikipwdia「ナチス・ドイツ」の項より


平たく言うと、「ぜんぶユダヤ人が悪い」ということである。

フェミニストは男性という「ユダヤ人」を作り、私たちは男性(ユダヤ人)からの被害を受けている!とデマを広め、男性から社会的地位や経済力(ユダヤ人から財産)を強制的に没収し、抑圧したのだった。

また、現代において日本の近隣諸国の中にも、「我こそは被害者!」と、時に被害を捏造してまで相手を糾弾し、カネや権益、国際社会での発言力等を奪いとろうとする国家がいるが、フェミニストたちと彼らのやり方は驚くほど似ている、いや全く同じと言っていい。これは、(従軍慰安婦や南京大虐殺など)フェミニストたちが積極的に支援、拡散してきたためであり、「中の人」が同じであるから、やり方も同一なのは当然のことなのである。
岡崎トミコ
岡崎トミコ2
国家公安委員長(当時) 岡崎トミ子(民主党)
(画像引用元:http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2561.html
:http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-6f62.html)


自分達の「被害者性」を絶対的な根拠として男性を迫害するカルト思想であっても、その勢力が小さく、話にならない程度であれば、ただの「異常な人たち」で済むのであるが、総理大臣がこのカルト思想に入信してしまっていることが日本の男性を不幸にしている。


フェミニズムというカルト思想の暴走を食い止めなければならないと思う方は、以下の2つのバナーへのクリックをお願いします。
ブログランキングが上がるだけでも、多くの人の目に留まり、社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ジェンダー・セクシュアリティ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>総理大臣がこのカルト思想に入信してしまっていることが日本の男性を不幸にしている。

安倍政権のフェミニズム政策については、ネオリベラリズムとの関連で考えると理解しやすいです

http://totb.hatenablog.com/entry/2016/11/02/214456
>フェミニズムとは、夫婦が二人ともフルタイム就業しなければ生活できない水準まで賃下げすることで「男女平等」の実現を目指す、ネオリベラリズムと親和的な思想です*7*8。
>*8:「男女平等」が進んだ先進国で成長率鈍化と格差拡大が進んでいるのは偶然ではなく、フェミニズムがネオリベラリズムの露払いをしたためと考えられます。フェミニストの正体はネオリベの別動隊です。

フェミとネオリベは同じ穴の貉~自由と平等が社会を壊す
http://totb.hatenablog.com/entry/2016/05/01/191322

ネオリベラリズムが頑健な理由
http://totb.hatenablog.com/entry/2017/02/08/082139

現在政府が推進している女性活躍は社会主義政策ではなくネオリベラリズム政策であり、保守派の人が安倍を庇い立てする時に苦し紛れに言い訳するような「左翼の圧力で無理矢理やらされている」状態などではありません
現代のフェミはネオリベと持ちつ持たれつのズブズブの関係にあります
フェミとネオリベはお互いがお互いを欲し合い、相互に利害の一致する互恵関係にあるのです
従って、フェミだけを攻撃してもあまり意味はありません
敵の本体はあくまでもネオリベ、つまり安倍自民政権を含む政財界全体=日本の支配階級です
フェミが力を持っていることは確かだし、フェミとネオリベは分かちがたい恋人同士のように一心同体ですが、政治政策レベルで現実に実行に移しているのはやはりネオリベと見るのが自然です

安倍首相は保守ではなくウルトラ・リベラル
http://totb.hatenablog.com/entry/2017/10/26/071020

No title

思い上がった高学歴キャリア女や男嫌いの独身女がフェミになるのは仕方ないとして、そうではない普通の女(これが女の大多数だと信じたいが)までもが男女平等・女の社会進出に賛同するというのは本当に理解しがたい現象ですね
彼女らは何故そんなに「労働者」に憧れるのだろう?

そうなれば、女も男と同じように社会的地位・経済力の階層にきれいに振り分けられ、勝ち組と負け組に分解されるだけなのに
男女平等とは、男女格差の代わりに経済格差が男女を「平等」に支配するということなのである
勝者は男女等しく豊かに、敗者は男女等しく貧しくなる
果たしてそれは女にとって(とりわけ下の女にとって)救済となるのだろうか

高所得の男が相対的にも絶対的にも減ることになるから、数少ない高所得の男にほぼ全ての女が殺到する事態となり、当然の帰結としてあぶれる女が出てくる
そもそも、男女平等になれば高所得の男はわざわざ低所得の女と結婚したりはしなくなる
ダブルインカムもワークライフバランスも、ハイスペックカップルのためのものなのだ
そして彼らの家事育児の代行を下層民が低賃金で請け負わされるようになる
昨今の保育士問題に既にその兆しが現れ始めている

介護職の低賃金、待遇の悪さも然り
誰もが家庭でやっていた仕事に高い付加価値がつくはずはないのだ
フェミは主婦を「家庭の奴隷」と呼ぶが、単に奴隷の主人が変わって「資本家の奴隷」になっただけだ
これがフェミが言うところの「女性解放」の真実である
育児・家事・介護
これらは皆そうである

加えて、労働者増加に伴う賃金上昇抑制という現象も起こってくる
夫の稼ぎだけでは食べていけないから、好むと好まざるとにかかわらず妻も働き続ける以外に選択肢がなくなる
今パートに出ている主婦の殆どがそういう状態なのではないだろうか
好きで働いている者が果たしてどれだけの数いるだろう

人手不足なのに賃金が上がらない現在の状況は、まさにネオリベの思惑通りに事が運んでいることを暗示している
人手不足にもかかわらず賃上げを拒むという強気の姿勢を崩さないのは、奴らにはまだ次のカードがあるからだ
女(と老人)は「低賃金でたくさん雇う」の最初のステップに過ぎない
最終段階は間違いなく移民だ

一部の勝ち組男女がキャリアも結婚も子供も全て手に入れる一方で、平民の男女は移民と低賃金労働を奪い合い、自分一人の生活すら青息吐息で、結婚もままならない世の中が来るだろう
結局のところ男女平等とは、男女格差の代わりに経済格差によってまず男女共に上と下に分断し、そのうえで下の部分の男女については「男」と「女」のバラバラの「個」に分解して支配する、典型的な分割統治手法に他ならないのである

フェミニズムの正体は、男女闘争に偽装された階級闘争である
即ち、オリジナルのフェミニズム(共産主義から派生したフェミニズム)は家族解体が目的だったが、ネオリベと合体した現代のフェミは、エリート男女が自分たちの立場を強固なものとし、更に大衆の奴隷化も同時に達成できる、一石二鳥の大衆統治政策である
ネオリベにとっては、ジェンダー平等もポリコレも、大衆を支配するのに都合が良い方便でしかない
(エリート)女の社会進出を肯定すると、必然的に低賃金奴隷と階級格差を否定できなくなるからだ

Re: No title

> 現在政府が推進している女性活躍は社会主義政策ではなくネオリベラリズム政策であり、保守派の人が安倍を庇い立てする時に苦し紛れに言い訳するような「左翼の圧力で無理矢理やらされている」状態などではありません
> 現代のフェミはネオリベと持ちつ持たれつのズブズブの関係にあります
> フェミとネオリベはお互いがお互いを欲し合い、相互に利害の一致する互恵関係にあるのです
> 従って、フェミだけを攻撃してもあまり意味はありません
> 敵の本体はあくまでもネオリベ、つまり安倍自民政権を含む政財界全体=日本の支配階級です
> フェミが力を持っていることは確かだし、フェミとネオリベは分かちがたい恋人同士のように一心同体ですが、政治政策レベルで現実に実行に移しているのはやはりネオリベと見るのが自然です


安倍政権は間違いなくネオリベですね。
与党も野党も全部ネオリベ・フェミだらけ。どの政党のマニフェストも同じことばかり。(「女性の社会進出を活性かさせる」云々)

Think outside the box様の記事にもあったように、日本の問題点は政治が「リベだらけ」「みんなリベ」で右派がいないということなんでしょうね。

トランプみたいなポリコレに切り込んでいく右派の登場が望まれますが、一体それはいつになることやら。将来が思いやられますね。

Re: No title

> 思い上がった高学歴キャリア女や男嫌いの独身女がフェミになるのは仕方ないとして、そうではない普通の女(これが女の大多数だと信じたいが)までもが男女平等・女の社会進出に賛同するというのは本当に理解しがたい現象ですね
> 彼女らは何故そんなに「労働者」に憧れるのだろう?


これに関しては「フェミではない普通の女」も「うっすらとしたフェミ」だから、という答えになります。
「フェミニズム」という言葉を知らない女でさえ、思考回路はフェミと同じだったりします。

それは「男女平等」がいいことであり、「女性は社会に出て働くべき」「女性は差別されている」「男は加害者」と教育やメディアが刷り込んできた成果です。

以下、格差、女の上昇婚思考、移民、賃金抑制、すべて同意です。

しかし、何故それがみんなわからないのか。
難しいからです。というか大体の人は「リベラル」って何?レベルの知識です。

みんな「男女平等は正義」「そうでなければ差別」という教え込まれてきて、それを宗教的に崇拝しています。
神(男女平等)を疑うほどの知見がないのです。

知識のない民に真実を伝え啓蒙するのがメディアの使命だと思うのですが、肝心のメディアがフェミ・ネオリベ漬けになっていて、フェミ・ネオリベに都合の悪い真実は決して一般庶民には伝わりません。

故に、フェミ・ネオリベが人々を苦しめている真犯人であると気づいた個人がブログやSNSで発信するしかないのですね。

リベラルの異常さに気付く人を増やすためにも、情報発信を続けたいと思います。
プロフィール

大河(旧 senyou38)とナンパ師リョーマ (共著)

Author:大河(旧 senyou38)とナンパ師リョーマ (共著)
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。