「女の壁」は社会の縮図

先日、「テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)」の成立させる手続きのなかで、野党の女性議員たちが「女の性的価値」を利用した冤罪で妨害するという手段を使ってきた。言うまでもなく性犯罪冤罪は「女性から男性に対する性犯罪、性暴力」であり到底許されるものではない。


「触るな! セクハラだ!」の警告に鴻池委員長、入室できない状態つづく 元近鉄の石井議員も“冤罪”被害か
http://www.sankei.com/politics/news/150916/plt1509160079-n1.html
産経ニュース

参院平和安全法制特別委員会は16日夜、安全保障関連法案の締めくくり総括質疑を行うための理事会を断続的に開いている。しかし野党側は女性議員を理事会室前のドアに多数配置し、排除しようとする与党議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗。事実上、「女の壁」で鴻池祥肇委員長を室内に監禁し、質疑開始を妨害している状態だ。

 理事会室前には、社民党の福島瑞穂前党首や民主党の小宮山泰子、辻元清美両衆院議員ら複数の野党女性議員が、いずれもピンクのハチマキ姿で集結。与党の男性議員が触れるたびに「セクハラを働いた」などと騒いでいる。

 理事会室前には多くの与野党議員が密集。ある野党の男性議員は「自民党の石井浩郎参院議員がセクハラしました」と大声を上げ、押されただけの石井氏が激高するシーンもあった。

 国会関係者によると、野党側は理事会室から隣室に通じる室内ドアも長椅子で封鎖したという。野党側は16日中の委員会採決を阻止し、参院本会議での法案採決を土曜日の19日まで遅らせる戦術とみられる。


この女性議員たちの目的は、「共謀罪の成立の阻止」である。自分達の野望・欲望を通すために、「女の性的価値」を利用して、男を従わせようとしているのである。

前回の記事で書いたとおり、現代日本では「女を上級市民、男を下層市民」と定める身分制度が存在する


これは従来説明してきた通り、男女の性的価値の差に基づくものであるが、男性の価値(社会的、経済的地位)が保護されず、女性の性的価値がここまで一方的に守られている状況は、もはや単なる「性的価値の差」という言葉では言い表せない。これは「身分制度」なのである。
卑しい身分である男性が、高貴な身分である女性に触れるのは大罪なのである。

男性が男性に触れるのは罪にならない。(同格)
女性が女性に触れるのは罪にならない。(同格)
女性が男性に触れるのは罪にならない。(上流の身分の人間が下層の人間に触れるのは許される)
男性が女性に触れるのは大罪である。(下層の人間が、上流の身分の人間に触れるのは許されない)


私たちの身分(性的価値)は高い!」という自負のもと、自分達に都合の悪いことがあると男性の前に立ちふさがって邪魔をし、手が触れようものなら「痴漢!セクハラ!」として断罪するのである。江戸時代で言うなら、「下賎のものが、汚い手で触れたな!成敗するぞ!」ということである。

こんな「女は身分が上」とする身分制度を当然と思っている輩が、「男女平等」「女性は差別されている!」と説いている現状のおぞましさに寒気がする。

「女の言いなりにならなければ性犯罪」というのが、この女性専用化社会の弊害、もしくは「ぼくたちの女災社会」の兵頭新児氏の言葉をお借りすれば「女災」なのである。

この「女からの性犯罪冤罪」は決して、特殊な状況で起きている問題などではない。日本中あらゆるところで起こっている災害なのである。

電車内での携帯電話の会話を注意したら痴漢扱い、女が有利に離婚するためのDV冤罪、痴漢でも何でもなくても「男性」でひとくくりにして隔離(女性専用車両)。「高貴な身分の(性的価値の高い)人間」たる女性だけが入れる女性専用車両に「卑しい、下層の(性的価値の低い)人間」である男性が入ってくれば猛烈に罵声を浴びせて攻撃し排除する(「男性がいるだけで恐怖を感じる女性もいるのよ!」)。

女性の性的価値を尊重しろ!(「女の壁」や性犯罪の厳罰化)」といって「女の性的価値を認めること」を強要しつつ、「女性を性的な目で見る(性的価値を認識する)のは、女性の人格を無視した最低な発想!セクハラ!女性は男性からの性的な視線を苦痛に感じている!」という滅茶苦茶なダブルスタンダードで、何がなんでも「男が女に性的被害を与えている」という方向に持って行こうとする。

男性は、女性の言う通りに従わなければ「女性差別」「女性蔑視」「セクハラ」「性犯罪」として糾弾され、人生の破滅の危機に陥るリスクを常に抱えているのだ。
今回の「女の壁」は、単に「フェミ議員たちがバカなことをしている」ということではない。これは社会の縮図なのである。


最後にもう一つ、はっきり言わせていただく。
「女の壁」について、こんなオバさん、いや人によってはお婆さんたちが性的な意味で「女」を前面に出して主張しているのが非常に見苦しい。

女の的価値が高い理由は、女は「妊娠する能力があるから」であるからである。
よって、「妊娠できる年齢であること」、すなわち「若さ」は女の性的価値にとって重要な要素なのである。そのため、若くなくなった女(妊娠できなくなった女)は性的価値が低い存在=男と同じレベルに性的価値が低下するのだ。

「若い女」が性的価値のヒエラルキーの頂点におり、それ以外は「若い男」も「オバサン」も「オッサン」いずれも性的価値の低い存在となるのである。(コンビニの雑誌コーナーを見れば、雑誌のグラビア写真が「若い女」だらけなことがわかるだろう。「若い女」以外は、性的価値は低い存在なのである)

この世で最も性的価値の低い存在である「オッサン」が、色気を出して性的アピールをしてきたらどうだろうか。「どうだい、俺は魅力的だろう」と迫ってくるのを見て、「何言ってんだこいつ」「気持ち悪い」どころかセクハラで訴えられる可能性もある。

「女の壁」は、オバサン、お婆さんたちが「私たちに触ったらセクハラ!」と言って、「私たちは性的魅力があるのよ!」と堂々とTVカメラを通して日本中にアピールしているのだ。誰もが「おまえは何を言っているんだ」と思ったはずだ。むしろ、その行動こそが性的な不快感を人々に与える行為、まさにセクハラとして処罰されるべきとすら思う。

きっと、自分の性的価値が高かった若かりし頃の栄光を忘れられず、未だに自分の性的価値は高いと信じているのだろう。自分には求められる性的価値がある、と信じているのは自分が「女」であるということ以外にないだろう。やはり、「女だからって差別するな!」とい言いながらも、何歳になっても「女だから」と、求められ、特別扱いされることを望んでいるのだ。

※追記
ちょうど「Think outside the box」様のブログで当記事の後半に近い内容が更新されていました。
アラサーの扱いが男女で異なる理由

いつも通りの、ストレートな批評でスカっとします。

おばさん扱いを止めてほしいのであれば、まずは自分が男をカネやステイタスで評価することを止めるべき。





「女の壁」というフェミニストからのセクハラに嫌悪感を抱いた方は、以下の2つのバナーへのクリックをお願いします。
ブログランキングが上がるだけでも、多くの人の目に留まり、社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR