少子化の原因は全て男のせい?

(今回は前回の「女性は絶対に被害者という概念」の続きである、「女性の加害者性」という視点で記事を書こうと思っていたが、ふとある見逃せない記事が目に入ったため、内容を変更して更新しました)

東京都知事選が近づいたため、候補者について知りたいと思い、候補者の名前を検索してみた。

すると、有力候補とされる小池百合子氏について、以下のような発言をしているのを見つけた。



今、わが国が抱える最大の問題は少子高齢化である。年金、介護、雇用…。いずれも原点は人口構造の歪みに帰結する。
 そこで少子高齢化と称し、数兆円規模の予算が投入されてきたが、多くは保育、子育て支援であって、直接の少子化対策ではない。私は政策決定の場で違和感を訴えてきたが、男性諸氏にはおわかりにならないようだ。

 問題は、今時の女性が結婚に価値を見いださず、結婚したいと思わなくなったことにある。「この人の子供を生みたい」という気にならないことにある。では、なぜ結婚や出産に価値を見いださないのか。経済力アップ、一人者の気楽さ、面倒臭い、人それぞれだろう。単なる女性のわがままという人もいる。しかし、女性が結婚へのあこがれをまったく失ったわけではない。結婚しなくても、子供だけはほしいという女性も驚くほど多い。

 社会心理学的には、女性はどんなに社会的、経済的に強くなったとしても、どこかで、誰かに守ってもらいたいという「シンデレラ・コンプレックス」を持つものである。ところが、最近の男性は女性化する一方で、むしろ自分が守ってもらいたいような母性愛を求める傾向が強いようだ。このすれ違いこそが女性に結婚や出産を思いとどまらせる原因となっているのではないか。つまり、頼もしい男性が決定的に減っていることこそが、少子化の最大の原因というのが小池説である。

 つまるところ、教育である。女子教育もさることながら、男子教育こそ重要だ。別に喧嘩が強ければ頼もしいとはいわないが、例えばイギリスの宰相ディズレーリの母は、子供に喧嘩に強くなるように教育し、その中からリーダーシップを体感するようにさせた。
 
誰も肉体的マッチョになれとは言わない。精神面の強さ、芯の強さ、責任感、それらを総合した頼もしさを学んでほしい。
高校生への海外ボランティア制度の導入などを通じて、教育面から、頼もしい日本人作りをしてみたい。


小池百合子 official website


要約


・頼もしい男性が決定的に減っていることこそが、少子化の最大の原因

・ 女性は社会的経済的に強くなったとしても、誰かに守ってもらいたいという気持ちを持っている。
しかし、男性が守ってもらいたいと思うことはダメだ。

・頼りになる男への教育が重要だ。男子高校生には海外ボランティア等に行かせて強くさせろ。



さらに要約すると

「全部男が悪い」
ということである





トンデモな理論である。
少子化の原因は、男女共同参画の推進により男性の年収が下がったことにある。


男女共同参画により、女性の年収が増加し、男性の年収が減少している。
結果、男性だけの給与で家族を養うのが厳しくなっている。
それでも女性が結婚相手に求める条件から「経済力」が消えることは決してない

だから女性は経済力を持たない男性を結婚相手として選ばず、
一方で、女性が働いて男性を養うという社会構造の転換を迎えることもなく、
結婚する男女は順調に減り続けていていくのみなのである。

(参考)
ジェンダーフリー社会のトリレンマ (Think outside the box)


「別に喧嘩が強ければ頼もしいとはいわないが」と前置きしながらも、「例えばイギリスの宰相ディズレーリの母は、子供に喧嘩に強くなるように教育し、その中からリーダーシップを体感するようにさせた」という例を出し、男の子に暴力の被害に遭わせながらも強くなれという。

上記の小池氏の発言の真逆のことを男性政治家が言ったらどうであろうか

・貞淑な女性が決定的に減っていることこそが、少子化の最大の原因

・女性が前に出たいと思うことはダメだ。
・女への教育が重要だ。女子高生にはイスラム国などのように、女性が暴力で押さえつけられるような場所へボランティア等に行かせて、女のあるべき姿を学ばせろ。

女性差別、女性軽視、セクハラのオンパレードである。

こんな発言をしようものなら大問題だ。
全方位からのバッシングを受けて即日辞任に追い込まれることだろう。


この社会では女性の政治家が、「男性が悪い」という発言をすることは問題にならない(どころか称賛さえ受ける)が、男性の政治家が「女性が悪い」ということは絶対に許されないのだ。


この小池氏のは発言自体はかなり古いものだ。(2000年の記事)
しかし、小池氏はこの記事を訂正や削除をすることもなく、オフィシャルサイトに載せ続けている。

こんなとんでもない男性差別発言を平気でホームページに載せている政治家を都知事にしてはならない。

小池百合子に都知事になって欲しくないと思う人は、以下の2つのバナーへのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
ブログを拝見させていただきました。
小池氏が仰るシンデレラコンプレックスですが、、、その男性版として、ピーターパンシンドロームがあります。これについては、私が中学か高校の、社会の授業において習いました。その際は男子自信が内省し、克服しなければいけない事して教科書に書かれていました。
小池氏の文章からはシンデレラコンプレックスを女性自身が内省し、克服せよ。とは受け取れませんし、それどころか、容認する姿勢すら感じられますね。
これでは男性の支持は期待できないんではないでしょうか。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

なるほど、ピーターパン・シンドロームというのがあるのですね。

女性に対して批難することは、この社会では許されないものなのです。
なぜなら女性は「弱者」であって、その弱者を批判しようものなら「女性差別」といレッテルを貼られるでしょう。
一方、「強者」扱いされている男性に対しては何を言ってもいい、何を言っても差別にはならないと考えられています。

①女性が男性に対して暴力を振った場合、あるいは暴言を吐いた場合
②男性が女性に対して暴力を振った場合、あるいは暴言を吐いた場合

①と②のどちらの方が犯罪として立件される、もしくはセクハラやパワハラの問題として取り上げられる可能性が高いでしょうか。

当然①です。②が問題となる可能性は①に比べて著しく低いでしょう。

なので、今回女性である小池氏が男性に対してすべて男性が悪いと批判するような言動をとっても、上記の①のパターンであり、問題発言と捉える人は多くはないでしょう。

本当に残念ですが、男性側に「男性差別」が存在することを認識している人が多くはないのです。

男性の中には小池氏の意見に納得し、支持してしまう男性も相当数いることでしょう。

小池氏のような意見が支持されなくなるためには、マスキュリズムなどが勢力を増やし、男性差別が認知されるような世の中にならなければならないと思います。



> はじめまして。
> ブログを拝見させていただきました。
> 小池氏が仰るシンデレラコンプレックスですが、、、その男性版として、ピーターパンシンドロームがあります。これについては、私が中学か高校の、社会の授業において習いました。その際は男子自信が内省し、克服しなければいけない事して教科書に書かれていました。
> 小池氏の文章からはシンデレラコンプレックスを女性自身が内省し、克服せよ。とは受け取れませんし、それどころか、容認する姿勢すら感じられますね。
> これでは男性の支持は期待できないんではないでしょうか。
プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR