「男性差別」は存在しない

「死のクォータ」および「男性の平均寿命の短さ」にて、男性ばかりに死が割り当てられているということに触れた。
しかし社会は「死」が男性ばかりに割り当てられているこの現状を「男性差別」と認識していない

その理由は明白である。
「ぼくたちの女災社会」の兵頭新児氏の言葉を借りるのならば、「男性差別など存在しない」からである。


いつも書くことですが「男性差別」などというものはこの世にはありません。
 何となれば、「男性の生命は女性よりも軽い」との強固な掟には、人類史上、一度として疑問を持たれたことがなかったのだから。
 ぼくたちがハエやカを何ら疑問を持たないままに殺虫剤で殺すことを「ハエ差別」と言わないように、「男性差別」などと言うものはない。
兵頭新児の女災対策的随想 「海燕『ラーメンの100円トッピング女性優遇は「男性差別」なのか。』を読む」。より


人間社会には「男性差別」という概念そのものが存在しないのだ。
それゆえ、大惨事の死傷者全員が男性であることに疑念を持つ者がいないというのは当然のことなのである。

(兵頭氏の「男性差別などない」というのは差別自体が実際に存在しないという主張ではなく、その概念が社会に認知されていないということを言っている)

私がこの「女性専用化社会」というブログを始めてから5年以上経った今、当時のインターネット上での「男性差別」という言葉での検索ヒットの少なさと比べると、2016年現在はさまざまなコラム、ブログ記事で見かけるようになり、増加してきてはいると感じる。
(あくまで感覚なので記事数などの比較はできないが)

特に久米泰介氏の男性差別に関する日経ビジネスオンラインという認知度の高いメディアで連載がされていて、日経電子版の「WOMAN STYLE」という女性向けのコンテンツでも久米氏の男性差別の記事が掲載されるなど、「男性差別などこの世にない」と断言するほど絶望的な状況ではないかもしれない。

それに何より、フェミニズムの中の「男性学」(「男性が女性を虐げないようにするためにはどうすればいいか」等、男性が加害者であるという前提のフェミニズムの一つの分野)ではなく、本当の男性側の権利を主張する学問としてのマスキュリズム(男性差別の撤廃を目指す主義、主張)の学者(久米泰介氏)が現れたことが大きい。

今まで、男性の権利などを主張するのにあたり決定的に不足しているものがあった。

それは、「男性の権利や男性差別に関する学術的なバックボーンを持ち、リアルで顔と実名を晒して大々的に主張できる人物」である。

男性差別という概念が浸透していない状況では、男性差別を主張しても「気にしすぎ」「変な人」としか認識されないが、大学(大学院)の学問として研究していて、学術書が存在し、論文として書かれているものであれば、そこに正当性や納得感が増し、それを根拠として団結できる。

また、マスキュリストとして様々な情報を発信してくれることで、女性専用車両や女性のみのサービスなど、今まで目に見えている男性差別しか気づけなかった状況から、より踏み込んだ男性差別の概念や実態をより深く認識することができるようになる。

そして、男性差別について活動をしようとしても、ほとんどの男性には仕事があり、リアルで活動する時間も、顔と名前を晒して会社から解雇されるリスクも負えない。
(社会運動というのは、そこに時間を割ける学生や専業主婦、定年を迎えた人に有利なのだ)

また、そもそも男性の権利を主張するためにリアルで顔を世間に晒せる人が多くない。
私もそれができないからインターネットのブログで「啓発」することしかできない。

だからこそ学者として、その研究・活動そのものを仕事とする人が必要なのだ。

久米氏のように公衆に表立って男性差別に立ち向かう人について、書籍の購入やセミナー、講演に参加することで活動を応援し、マスキュリズムの勢力を増やし、女性専用化社会への楔を打ち込みたい。

そしていずれかは、この流れの中で男性の権力について主張する立候補者が出てくることを願う。

ただ、マスキュリストの主張に同意できない部分もある。

それはマスキュリズムがフェミニズムと同様にすべての分野において男女を5:5にする、ということを目指すという思想が見えるからだ。


マスキュリズムとフェミニズムは、担当分野は異っても目指すゴールは同じはずだ。それは男女が平等で、人が性別によって得も損もしない社会である。
日経ビジネスオンライン タイタニックから逃げられない男たちより


フェミニズムは女性側の利益のみを求めるのみで男性側の不利益を解消しようとしないから、マスキュリズムが男性側の利益を確保するための運動をしつつ、平等を目指すという形になっているのだろう。
すなわち、フェミニズムは女性の権利を、マスキュリズムは男性の権利を主張するものではあるが、フェミニズムとマスキュリズムは同じゴールを目指す並列の存在であると捉えられる。

私は男女それぞれ、身体的・精神的に異なる性質を持っており、その特性に応じた異なる権利と義務を持っていることが望ましいと思っている。

多くの男性は女性よりも身長が高く、筋量が多いし、妊娠は女性しかできない。
生得的な差異があるのに無理やり平等にしようとしても、その差異はどこかで歪みとなって現れるものだ。

なのでフェミニズムおよびマスキュリズムの目指すゴールである、すべての結果が男女が同数にすることで平等になるという考えには賛同できない。

以前、私は別の記事(「死のクォータ」)で以下のように書いた。

「女性差別を改善するために男性の権益を奪うのであれば、死の負担割合の男性への偏りは、れっきとした男女差別であるので「死」が男女均等になるように配慮すべき、としなければならない。
女性に「死」のクォータを割り当てなければ(死の危険がある作業に一定数の女性を割り当てなければ)男女平等とは言えない。


これはまさにマスキュリズム的な発想であり、男性側の不利益を女性側にも負担してもらい男女平等にするというものである。

このように書いたのは女性差別を改善するために男性がもっと負担すべきだというフェミニズムの主張することに対して「だったら女も男の不利な点を負担してくれよ、それが平等だろう」ということを、あくまで理屈として反論しているものである。
本当にそのような社会になることを目指すべきとは思っていない。

しかし、フェミニズムと並列する存在としてマスキュリストの存在感が増していき、フェミニズムがひた隠しにする男性の不利益を明らかにし「男女平等のために女性も半分死ぬべき」ということを大々的に主張できるような環境が整うとするならば、「男女平等ってそんなにいいものじゃないのでは?」という考えが女性側にも出てくるかもしれない。

なにより、「女性が常に被害者で、男性は常に加害者」というこの世の大前提に楔を打ち込むことができるかもしれない。
そして「女性の加害者性、男性の被害者性」という側面にスポットライトがあたるような、社会的な発想の転換につながるかもしれない。

なので、例え考え方が異なる部分があっても、現状の「女性が常に被害者で、男性は常に加害者」という価値観を壊す可能性を持つマスキュリズムの運動には期待しているし、応援したいと思っている。

男性の権利のための運動に賛同するという方は以下の2つのバナーのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>特に久米泰介氏の男性差別に関する日経ビジネスオンラインという認知度の高いメディアで連載がされていて、日経電子版の「WOMAN STYLE」という女性向けのコンテンツでも久米氏の男性差別の記事が掲載される
>マスキュリズムとフェミニズムは、担当分野は異っても目指すゴールは同じはずだ。それは男女が平等で、人が性別によって得も損もしない社会である

やっぱりマスキュリズムって、フェミニズムとグルですよね
あの熱烈なフェミ推進メディアである日経に掲載されているというのがその良い証拠

要するにこういうことだと思う
これが事の真相


http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=341
たとえフェミを批判していても、「男性差別を許すな!」と主張してるってことは、裏を返せば男女平等を主張してるわけで、また、左翼の原典ともいえる憲法への違反を理由にフェミに反対してるなんて、私からすればお笑い。
「男性差別を許すな!」って主張を露骨に訴えてるところは、男女平等論者(=左翼)と思ってください。工作員も相当混じってます。

https://pbs.twimg.com/media/CaMYH0nUkAAP-4p.jpg
主要全国紙社内で判明した「共産党員」人数
1位 朝日新聞 212名
2位 毎日新聞 151名
3位 日経新聞 131名

Re: No title

コメントありがとうございます。

> やっぱりマスキュリズムって、フェミニズムとグルですよね
> あの熱烈なフェミ推進メディアである日経に掲載されているというのがその良い証拠

私はマスキュリズムとフェミニズムはグルなのか、という判断は(若干の怪しさを感じつつ・・・)まだ現時点ではできないと思っています。

フェミニズムとグルなのであれば、女性の既得権益(女性は生命の安全が優先されること、恋愛における上位者であること、女性が被害者の皮を被った加害者でさえある場合があること等)を暴き、男性の被害者性を明らかにするということはしない気がします

「フェミニズムとグル」で真っ先に思い浮かんだのは武蔵大学の田中俊之という男性学者です。
タイトルに騙されて著作「男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学」を買ってしまいましたが、女性を持ち上げ、男性を叩き、男性のみに意識の変革を求めるフェミ本でした。

こういった、フェミニズムの手先として「男性学」を名乗り、フェミニストに都合のよい奴隷のような男性を量産しようとする手合いが「フェミニズムとグル」だと思っています。

あくまで女性が利権をむさぼっていることを告発し、男性の被害者性を明らかにし、男性に女性と同等の人権を認めよ!と主張することは前述のようなフェミの手先の男性学とは毛色が違うかもしれません。

> 要するにこういうことだと思う
> これが事の真相
> ↓
>
> http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=341
> たとえフェミを批判していても、「男性差別を許すな!」と主張してるってことは、裏を返せば男女平等を主張してるわけで、また、左翼の原典ともいえる憲法への違反を理由にフェミに反対してるなんて、私からすればお笑い。
> 「男性差別を許すな!」って主張を露骨に訴えてるところは、男女平等論者(=左翼)と思ってください。工作員も相当混じってます。

男性差別に反対=左翼、はちょっと強引な気が・・・。
私は左翼も共産主義も嫌いです。

私は「男女は異なる権利義務」でも「男女平等」でもどちらでもよいのです。

どちらかというと、男には男の、女には女の権利と義務があるという社会に戻れるのであればそうした方が方がいいと思っています。

しかし現実問題、フェミニズムというカルト宗教は全世界に感染し、もはや後戻りすることはないと思っています。

女性の不利益は「女性差別!」と糾弾されるのに、男性の不利益は見て見ぬふりをされるこの世の中は、ただひたすら男性に負担を強いています。

「男女平等」の勢力が退くことはない以上、男性も不利益に対して「男性差別」を主張しなければ辛い思いをするだけです。

「男女平等」ではなく、現状の男女の負担割合に見合った権利義務を、というのが私の思想です。

もし今後フェミニズムが政権の中枢から勢力を失い、世の男女差について「女性差別」と主張する声が小さくなっていった時、私も「男性差別」という声を小さくしようと思います。

No title

>フェミニズムというカルト宗教は全世界に感染し、もはや後戻りすることはない
>「男女平等」の勢力が退くことはない

そうかも知れませんね・・・

私は、男性の女離れ・絶食化、そして非婚化少子化が更に更に加速して、さっさと何もかも滅んで欲しいです
それだけが現状唯一の希望であり、また私の願望です

(ただの愚痴みたいなコメントで申し訳ありません)

No title

>私は、男性の女離れ・絶食化、そして非婚化少子化が更に更に加速して、さっ>>さと何もかも滅んで欲しいです
>それだけが現状唯一の希望であり、また私の願望です

なかなか社会に絶望されてますね。
心中お察しします。

私も「なんで男ってこんなに辛いんだろう」と日々絶望していた時期もありましたが、「思い悩んでいても仕方がない」と切り替え、やるべきことをやるしかないと思うようになりました。

いつになるかわかりませんが、男性の辛さが理解され、男性が虐げられることがない社会(もしくは旧来のような男女それぞれ異なるメリットとデメリットを受け入れる社会)を実現し、貴方のように絶望している男性の助けになれれば、と思います。


愚痴でもなんでも、少しでも気晴らしになれば幸いです。

プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR