スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性の平均寿命の短さ

前回の記事で男性に対するクォータ(割り当て)は「であるということを書いた。
それは平均寿命を見れば、男性に「死」のリスクが高いことが一目でわかる。

平均寿命について、日本人の平均寿命は、女性が86.6歳なのに対して男性が80.5歳である。
その差6年である。(平成26年度)

(公益財団法人 生命保険文化センターHPより)
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/2.html

普通に考えれば、寿命は生物としての宿命であって男性差別とは関係ないのではないかと思うかもしれない。

しかし、1920年代の日本人の平均寿命を見てみると、男性42歳女性が43歳とわずか1年差であった。
(総務省 統 計 局「 「統計でみるあの時といま No.3」 -第1回国勢調査時(大正9年)といま」より)
http://www.stat.go.jp/info/anotoki/pdf/census.pdf


では、たった90年で人類のDNAが書き換わったのだろうか。
そうではない。
これは「平均寿命」という言葉に誤解があるのだ。

平均寿命は、「自分が今からあとどれくらい生きられるか」の指標ではない。
男性の平均寿命が80歳だからといって、今60歳の男性があと20年くらいが寿命の目安なのかというと、そうではないのだ。
乳幼児の死亡、事故、事件、自殺、病死、すべてを含めたものが平均寿命なのだ。

だから、医療の発達していなかった江戸時代の平均寿命は30~40歳となっている。
乳幼児の死亡率が5割を超え(その代わり出生率は4~5人)、産んでは死に、産んでは死にを繰り返すため0歳~5歳までに大量に死亡することで平均寿命が著しく下がるのだ。

江戸時代であっても、成人するまで生き残ることができれば比較的長生きすることができたそうだ。
有名人でいえば、徳川家康は73歳、葛飾北斎は88歳、真田幸村の兄である真田信之は93歳まで生きた。

ここに、男女の平均寿命の差が1920年代の1歳差から、現代の6歳差まで増加した理由がある。

1920年代では、まだ乳幼児死亡率が高く、平均寿命が42~3歳であった。当然、成人になってからも(当時の医療技術では)不治の病にかかって死亡することもあった。すなわち、男女ともに乳幼児の死亡や病死が多く、それ以外の男性特有の死のクォータ(労働災害や自殺)の影響が小さく、男女ともに平均寿命が近似していた。

しかし、2016年現在の日本において、乳幼児死亡率は大幅に下がり、昔は不治の病と呼ばれた難病に対する治療法もでき、戦争もない世の中が続くと、男女ともに老衰による死を迎えられることが多くなった。
ところが、男性だけに割り当てられた死(労働災害や自殺等)は残り続けた。
男性の死のクォータは、社会構造として男性に割り当てられた死であるため、医療が発達しても減少しないのだ。

すなわち男女共通の死であった大量の乳幼児の死亡や病死が少なくなったことで、男性の死のクォータが平均寿命の差として見えるようになったのだ。


男性 80.5歳、女性86.6歳。
この6年の差が、男性のみに割り当てられた「死」なのである。

すなわち前回の記事で説明した労働による死だったり、自殺(自殺者のうち7割が男性である)、殺人(殺人の被害者は男性が大幅に多い)等により、老衰で死ねずに男性の平均寿命を引き下げることになるのだ。
それ以外にも、男性の長時間労働や男性に対する強いストレス・プレッシャーにより寿命を縮めているとも考えられる。

この平均寿命の差が男性差別的な社会構造を示している。
フェミニストが(一方的に女性優遇する)男女平等を唱えることに対して、平均寿命が同等になってこそ男女平等ではないのかと強く疑問に思う。

(「死」のクォータも、男性の平均寿命の短さも前回紹介したワレン・ファレル著 「男性権力の神話」で詳しく説明されているものである。男性差別に関する見識を広めたい方は、是非、一読をお勧めします)

男性の平均寿命の短さを「男性差別」であると認識される世の中になってほしいと思う人は、以下の2つのバナーへのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。