スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェミハラ

前回の記事(「納得」の重要性)で、以下のようなことを書いた。

「女性専用車両は男性の任意の協力によるものなので、女性専用車両に入ってきた男性を凝視したり、女性専用車両であることを伝えて遠回しに出ていくことを要請したり、直接的に罵倒したりすることはハラスメントにあたる」

この考えについて、女性優位の社会に悩む男性はしっかりと認識していくべきことであると感じた。

フェミニズムの思想を押し付けられるハラスメントについて述べようと思う。


「女性の言うことだから、優先しなさい」
「女性の気持ちに配慮しなさい」


そこに男性の気持ちへの配慮は存在しない。

フェミニズムが教育の分野に侵入してからというもの、男性、特に現代の若い男性は女性に対して配慮するように求められてきている。

セクハラ、マタハラ、DV、その他ハラスメント。

「男性は、そのようなことをしないように気を付けましょう」

まるで「おまえはそんなことをするような人間だ」と言われているように感じて屈辱だ。

現代では、フェミニズムの影響を受けた国や公共機関の制度が男性に対する一方的な抑圧をしているものがあり、そういった意味で国や公共機関からのフェミハラを受けているとも言える。

女性専用車両しかり、就学や就職の女性枠しかり、昇進の女性を優先させる風潮しかり、女性を優遇した企業に補助金を出すような制度しかり。

しかし、困ったことに当のフェミニストたちはこれがハラスメントであるとは全く思っていない

セクハラなどの問題点として、「加害者である意識がない」ということが挙げられている。
これと全く同じである。

「今まで女性は差別されていたんだから仕方ない」
「差別を解消させるための手段であり問題ない」

それは今の若い男性にとっては何も関係がない。
若い男性にとっては女性枠や女性を優先して採用・昇進させる風潮は、一方的に差別されているだけの状況である。

あるいは、「女性を優遇することは、差別には当たらない」とも思っているかもしれない。

フェミニストが社会の前面に出て社会制度に影響を与えてきたのを、現代の20台~30台の男性は幼いころからずっと見せられ、押し付けられてきた。
当の若い男性自身が女性を差別して採用・昇進させないということをしたわけでもないのに、である。



最近のフェミハラじみた政策は、ことさら酷いものがある。

輝く女性政策、それじゃない感 トイレ?キャラ弁推し

内閣官房に設けられた有識者会議「暮らしの質」向上検討会が5月にまとめた提言はこう強調し、「女性が暮らしやすくなる空間へと転換する『象徴』として、トイレを中心に取り上げる」と説明している。

なぜ、トイレなのか。内閣官房の「すべての女性が輝く社会づくり推進室」によると、トイレを取り上げたのは、有村治子・女性活躍担当相の発案。「女性にとって、トイレは毎日お世話になっているもの。女性の暮らしの質を高めるには、トイレの空間を変えていくことが大切だ」という趣旨だったという。

朝日新聞デジタル 6月26日(金)5時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000012-asahi-pol


なんで国の政策で「トイレ」なのか、ということもあるが、それよりも「女性にとって、トイレは毎日お世話になっているもの」という発言が酷い。男性はトイレを毎日使わないとでも言うのであろうか。

トイレを快適に使いたいという気持ちは男性だって一緒だ。

「男女」共同参画ではなかったのか?
なぜ、環境を改善するのに女性だけを対象とするのだろうか。

これこそ、性別を理由に扱いに差を設ける男女差別であるのだが、これらを推進するフェミニストにはそのような発想はないだろう。


差別やハラスメントでないことを「女性差別」「セクハラ」と主張し、相手を悪者にする手法もフェミハラである。
男性は「女性差別」「セクハラ」と言われたら何もできなることをいいことに、都合が悪くなったらそのような発言をしてくる人もいるのだ。

行き過ぎた女性優遇社会に疲れてしまっている男性も多いだろう。
その気持ちを「フェミハラを受けている」という言葉で認識を持つことを始めてほしい。

そして、色々な場で「フェミハラ」という言葉を広めてほしい。インターネットの中だけでもいい。
とにかく認識を広めることが大事なのだ。

フェミハラという言葉が広まることだけでも、フェミニズムが浸透した社会に対する反撃になるのだ。


「フェミハラ」が広く認知される社会になってほしいと思った方は以下の二つのバナーへのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日の話になりますが

ブログ更新お疲れ様です。

さて、当方先日久方ぶりに電車に乗る機会がありました。
朝の通勤ラッシュ時間帯だったのですが、改札を出てまっすぐ階段を下りた先が女性専用車両でした。おまけに2両も(増えてる?)。

その車両のある場所に待ってる女性達は両隣の一般車両のそれの半分と言った所でした。
サラリーマンや学生、老人、小学生達(しかも団体行動中)、どのような男性もその車両のある場所を避けておりました。
はっきり言ってとても不快に感じました。

一応女性専用車両というのは厳密には男性も乗っても構わない(それこそ老人や子供なんかは特に)そうですが、「専用」などとホームにペイントし、おまけに駅構内放送でもその旨が放送されているのに一体どれだけの男性がそれを知っているというのでしょうか。

「男性は女性専用車に乗ってはいけない」
「男性は女性に配慮しなければならない」
これもフェミハラと言う物なのでしょうか。

日本では少なくとも女性はずっと昔から男性に滅茶苦茶配慮されまくってます。
ここ最近の「女性差別を無くす」だの「女性への配慮」だのは完全に女性側の自分勝手で責任を放棄するただの我侭です。
それを無知な男性や女性が受け入れているからこそこの現状が生まれているとしか思えません。

思い出すと怒りが最噴出してしまいました。
乱文失礼しました。

Re: 先日の話になりますが

コメントありがとうございます。

>「男性は女性専用車に乗ってはいけない」
>「男性は女性に配慮しなければならない」
>これもフェミハラと言う物なのでしょうか。

まさに、それがフェミハラになると思っています。

男性は女性には配慮しなければならない、その上で、女性は男性と対等であるべきだというのはフェミニズムが生み出した悪しき風潮だと思っています。


>日本では少なくとも女性はずっと昔から男性に滅茶苦茶配慮されまくってます。
>ここ最近の「女性差別を無くす」だの「女性への配慮」だのは完全に女性側の自分勝手で責任を放棄するただの我侭です。
>それを無知な男性や女性が受け入れているからこそこの現状が生まれているとしか思えません。


これは、フェミニストがその数を増やし、団結し、声高に主張して政治の世界に影響を与えるまで努力して手に入れたものであると思います。

何十年もかけて社会を動かしたそのエネルギーには学ぶものがあると思います。

男性差別について不満に思っていることがあっても、立ち上がってその声をあげなければ、それは何も不満がないとみなされてしまいます。

誰かが立ち上らなければ・・・。
そう思うのですが、女性の意見に反対すること自体が女性差別と捉えられる現代で、自分の顔と名前を社会に晒して団体の先頭に立って戦える人が必要なのです。

残念ながら私にその覚悟がなく、その器量もありません。

せめて男性差別に対する不満を「フェミハラ」という言葉で認識するように、広めることしかできないのです。
投稿者様もフェミハラという言葉を少しでも広め、男性差別の存在を周知することの手助けをしていただければ幸いです。
プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。