スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「納得」の重要性

納得」というものは人間社会において、非常に重要なことである。

全く同じ内容の提案をしているはずなのに、ある人の提案は認められ、別のある人の提案は却下される。
そんな状況は様々な場面で見られると思う。

仮に、ある2人のサラリーマンが、上司に全く同じ内容の提案をしていたとして、

根拠をはっきりと示し、理路整然と伝え、相手の質問にも明確な答えを用意している人
何が言いたいのかわからない、質問しても答えになっていない答えで返す人

では、前者の提案が認められる可能性が高いのは明白であろう。

まったく同じ内容、結論である2人の提案に、上司は前者を認め、後者を否定したとする。
これは上司の心の中の「納得」という心証を得たかどうかが鍵となっている。

プレゼンの方法だけでなく、話し手のこれまでの言動や実績などの、人格的な信頼度も納得するための要素となることもある。

また、上司のその時の機嫌の良し悪しによっても左右されたりすることもある。

ともかく重要なことは、同じ出来事に対して、「納得」という心の中の事象がその後の結果を左右するということだ。

それゆえ納得はとても重要なのである。

サラリーマンを辞め、独立した人は、安定収入を失い、1ヶ月先の収入も見えない不安定な生活をすることになる。
しかし彼らは、自分で選んだ道なのだから、と納得して先に進んでいくことができる。

また、自分が他の人より多く労働を負担することであっても、「自分が多く休んだから」や、
「困っている親しい同僚を手伝うため」などの納得できる理由があれば、その仕事を引き受けることができる。

納得が重要である、というのは、納得があれば不利益でさえ受け入れることができるからだ。

時によって、納得は何よりも優先されることがある。

歴史的に言えば、日本においては「果し合い」、西洋では「決闘」という形で、納得するために命をかけることがあった。
互いに譲れないものがあるから、納得したいから、命をかける。

その結果、相手の命を奪うことになろうとも、自分の命を落とすことになろうとも、仕方のないことだ、ということになる。
(これの規模を大きくしたものが「戦争」と呼ばれるものである)


もしこれらが、納得できない理由で無理やり押し付けられたものであったらどうだろう。

前置きが長くなったが、ここからが本題である。

日本には、女性専用車両という男性の納得を得ていないのに、男性に一方的に不利益を負担させているものが存在する。

さらに「男性は協力して当然」「協力しない男性はおかしい」という押し付けのような風潮がある。


男性に不利益を課す以上、女性専用車両を運用する鉄道会社は、男性の納得を得る必要があるのだ。

納得があれば、車両に乗れないという不利益を受け入れることができるかもしれない

男性の納得を得るためには、少なくとも女性専用車両のアナウンスやポスターにて
下記のことを明示しなければならないと感じる。

①鉄道会社と警察の努力不足により、痴漢とは一切関係のない一般男性を排除して不利益を被らせていること、およびそれによる不快な思いをさせたことについての謝罪。

②女性専用車両は男性の善意によって成り立っているものであり、あって当然のものではないという認識を女性に持ってもらうための啓蒙の言葉。

③女性専用車両は男性の任意の協力によるものなので、女性専用車両に入ってきた男性を凝視したり、女性専用車両であることを伝えて遠回しに出ていくことを要請したり、直接的に罵倒したりすることはハラスメントにあたるため、絶対にしてはならない旨。

④今後、このような男性に一方的に不利な状況を解消させるための計画をいつまでに、どのような方法で達成するか。

⑤④の計画が達成されるまでの間、男性に迷惑をかけることへの詫び。


これらのことが、大々的に告示されていれば、不利益を被ることであっても、「仕方ない」と溜飲を下げることができるだろう。

しかし、男性に対して何らの説明も補償も、謝罪も感謝の意も示さず、
さらに「男が悪い」と悪のレッテルを貼られた上で、一方的に不利益を課されている現状
では、男性の納得を得られるはずもない。

現状の日本社会は、「男性の納得を得る必要などない」、と考えられていることが多いように感じられる。

「女性の気持ちに配慮して欲しい」という言葉はいたるところで聞くが、
「男性の気持ちに配慮して欲しい」という言葉は聞いたことがない

いつしか、性別に係らず、互いの心を思いあって、配慮してくれるような社会が来る日はあるのだろうか。


男性が負担している不利益に納得できる説明が欲しいと思った方は以下の二つのバナーへのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
143位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。