「私は特に、どこでもいいです」

お久しぶりです。
長期間更新できずに申し訳ございません。



今回、ふとある記事を見かけ、気になったので少しだけ紹介しようと思う。

女性専用車両についての話題になると、インターネット掲示板などで必ずと言っていいほど貼られる画像がある。

2005年のテレビ番組において、女性専用車両について女性客にインタビューしている場面を繋げたものだ。

中年女性、あえて言うならあまり美人とは言えないオバサンたちが

「(男性がいないというのは)なんとなく心強い」
「朝もあったらいいなと思ってた」
「男性がいないと安心!」

という画像が続き、最後に若くて綺麗な女性が

「わたしは特に、どこでもいいです」

と言うのをオチとしているものである。

「女性専用車両に賛成する女性はこんな人間ばかりだ」というような批判をこめて様々な場面で貼らていると思われる。(私がそう思っているわけではなく、掲示板などで貼られる流れの主旨からそう受け取れる)

さて、この最後の若い女性について、あの画像の時点から8年が経ち、再びインタビューしてみたという記事がある。

以下の記事である。

伝説のネタ画像「女性専用車両インタビューの女」は今、女性専用車両についてどう思っているのか?
現在の彼女は女性専用車両について何を語るのか?
(ねとらぼ)

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1307/30/n

また、これとは別の記事にも同じ女性にインタビューしているものも発見した。

女性専用車両で「私は特に どこでもいいです」とコメントした可愛い女性の今は? 痴漢された過去があったからあの発言をした
(ガジェット通信)

http://getnews.jp/archives/386944

彼女は、痴漢に遭うことが多く、ストーカーや露出狂に遭ったこともあるとのこと。
だから痴漢を減らしたいと思っているそうである。
それでも「私は特にどこでもいい」と言った理由は、

「そういうのを作っても痴漢常習犯は、形を変えて痴漢行為をやると思うんです。だから、女性専用車両を作った=痴漢がなくなるではないような気がするので……。」

「私としては、女性専用車両がなくても痴漢がない社会であってほしいと願っているんですが……でも、なかなか難しいですよね……。」

という言葉に集約される。

彼女は痴漢を「減らしたい」のであって、女性専用車両を作ったからといって、痴漢がいなくなるわけではないということを理解している。

痴漢の対策をするのであれば、警察や鉄道会社がしっかりとコストをかけ、痴漢を監視・取り締まるような体制を整えるべきだ。

女性専用車両に賛成する人々の中では「痴漢=男性」という等式が成り立っている
しかし、その人々はその等式を逆から見れば「男性=痴漢」であるという意味にもなる、ということに気づかない。「男が痴漢をするのが悪いんだと思う」という一言は、地球上の人口の半分すべてを「悪」「犯罪者」と断定し、何もしていない大多数の男性の心を傷つける。


中には、「男が悪い」という言葉を信じてしまう人もいるし、さらにその上「同じ男として恥ずかしい」という風に、自分がやっていない犯罪に罪の意識を感じて恥じてしまう男性もいる。

しかし、この女性はしっかりと「悪いのは痴漢」と言っており、痴漢以外の男性全体を犯罪者だとは言っていない。

彼女は普通車両に乗り、痴漢に遭ったら睨みつけるか肘打ちをするという。ゆえに、女性専用車両はそんなに関係ない、とも言っている。

ただ、彼女自身は「特にどこでもいい」という言葉の通り、女性専用車両について否定でも肯定でもない。

「でも、睨んだりひじ打ちしたりする勇気がない人もいるから、女性専用車両も必要なんだとは思うんですよ。でも、私自身が乗るのは「特にどこでもいいです」って思います。」


彼女の痴漢についての意見の総括は、以下の通りである。

「加害者も痴漢行為はやめる。被害者も怒る勇気を持つ。そうして、1人1人が気を付けたら、痴漢はなくなると思うんです。なかなか難しいのは分かりますが、そういう世の中であってほしいですね。」

彼女の意見はまったくの中立で、悪いのは痴漢、被害者も自分で声をあげるべきというシンプルなものである。ただ少し残念なことに、この意見の中では「痴漢」と「被害者」しか登場しておらず、本来であればその痴漢を取り締まるべき「警察」と「鉄道会社」という存在はない。

日本の電車内というのは、「犯罪を警察組織が取り締まる」という文明化した社会から隔絶された空間であって、人間がそういった社会構造を作り出す前の原始的な社会、つまり、
やられたら自分の力でやり返さなければならないという場所になっている。

「痴漢は犯罪です」というポスターをあちこちに貼っているくせに、痴漢の取締には一向に力を入れる気配はなく、女性専用車両を増やすだけなのだ。「痴漢は犯罪」なので「警察が取り締まる」という結論までには永遠に辿りつかない。「痴漢は犯罪です」と言って終了だ。警察や鉄道会社の仕事はこういったポスターや女性専用車両というシールをぺたぺた貼ることなのだ。痴漢の検挙は被害に遭った人が各自でやってくれ、ということだ。

電車内には警察という概念が存在しないから、女性が身を守るためには攻撃的にならざるをえないにもかかわらず、男性はそういった女性により冤罪に遭ったら、唐突に警察が存在する電車の外という空間に引っ張りだされ、逮捕監禁され、人生を破壊される。
女性専用車両がなくとも、警察が(車内だけ)取り締まらないという状況は男性にとっては一方的にリスクを負わされているのだ。


全ての女性が、自分が被害にあったときに自分の力でやり返せるとは限らない。
だけど、男性全体が悪いわけではないことを認識し、その上で自分では痴漢にやりかえせないからという個人的な理由によって見ず知らずの男性に女性専用車両という形で仕方なく協力してもらうことに、申し訳ない気持ちと感謝をする。
女性専用車両に賛成する女性全てがこのような考えを持っているのであれば、世の女性専用車両に違和感を持つ男性の溜飲も下がるかもしれない。

しかし、現実には、「男が悪い。女性専用は当然の権利」という風に、逆に男性を攻撃するものが多いように思える。(本当は男女が互いを攻撃する必要などないのに)

最低でも、この女性のように、「悪いのは痴漢、被害者もやり返せばいい」というあるべき論を認識した上で(本当のあるべき論は「警察が仕事をするべき」だが)上で、女性専用車両の是非を議論できる世の中になってほしいと思う。


(ちなみにこの女性、タレント活動をしているとのことである。つまり、8年前の画像や今回のインタビューが「やらせ」である可能性も存在するが、そういったことを踏まえても、このような女性(やらせである場合のこの女性が演じているキャラクター)のような視点を持つ人が増えれば幸いと思い、この記事を書いています)


「私は特にどこでもいいです」


女性専用車両に対して中立の視点を持てる女性が増えて欲しいと思った方は以下の二つのバナーへのクリックをお願いします。
あなたの一票が社会をより良くするための原動力になります。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あんたは偏見に満ち満ちている

「女性」だから「女性専用車両」を「中立的な立場」で見れないと思っている

性別でくくって考え過ぎ

「被害者も怒る勇気を持つ」
怒れば痴漢がなくなるとでも?

やり返す勇気?そんなことしたら傷害罪だろうーが

美人ではない女性の画像を使って女性を貶めて楽しいですか?
だからあなたたちは理解されないんですよ

No title

>匿名の方

コメントありがとうございます。

>「女性」だから「女性専用車両」を「中立的な立場」で見れないと思っている
>性別でくくって考え過ぎ

女性でも、女性専用車両について中立的な立場で見れる人はいると思っています。

実際に私の友人の女性は、私のブログの趣旨を正しく理解し、そのうえで女性専用車両がおかしい、と言ってくれています。

私の文章に、「女性は全員○○だ」というような、女性すべてを画一的に扱っている、もしくはそのように読み取れる部分がございますでしょうか。

参考のため、もし、そのような点があればご指摘いただけると幸いです。

「文章全体からそう読み取れる」、や「なんとなく」ではなく、具体的にどの言葉からそう思われたのか、ご教示願えますでしょうか。

私は、納得できない社会のルールやシステムに対して批判をしているのであって、頭ごなしに「女性が悪い」などとは思っていません。

女性専用車両だって、政治団体や警察の圧力から公共交通機関が設置したものであって、特定の女性個人が作ったわけではありません。

女性専用車両はおかしい!と、女性個人に文句を言っても、その女性からしたら「そんなこと私に言われても」という気持ちになるであることは承知しています。

だから私は、「女性そのもの」ではなく、社会構造を批判しているのです。


>「被害者も怒る勇気を持つ」
>怒れば痴漢がなくなるとでも?

>やり返す勇気?そんなことしたら傷害罪だろうーが

本記事に書いてある、私の意見を再掲します。

「全ての女性が、自分が被害にあったときに自分の力でやり返せるとは限らない。

だけど、男性全体が悪いわけではないことを認識し、その上で自分では痴漢にやりかえせないからという個人的な理由によって見ず知らずの男性に女性専用車両という形で仕方なく協力してもらうことに、申し訳ない気持ちと感謝をする。

(中略)

最低でも、この女性のように、「悪いのは痴漢、被害者もやり返せばいい」というあるべき論を認識した上で(本当のあるべき論は「警察が仕事をするべき」だが)上で、女性専用車両の是非を議論できる世の中になってほしいと思う。」

記事の中で紹介されている、インタビューを受けている女性の意見と私の意見を混同されていませんでしょうか。

ちなみに、「やり返す」とは、痴漢被害に遭った人が、犯人に面と向かって「やめなさい」ということ、犯人を自分の手で捕まえること等を指しており、暴力を振るうという意味ではありません。

インタビューされている女性の言葉からの引用でしたが、確かに語弊があるかもしれません。

痴漢の恐怖や羞恥心などで、「やり返す」ことができない女性のために女性専用車両がある、という理屈に疑問があるのです。

痴漢にやり返すことができないのは、その人個人と痴漢の問題であり、
さらに言えば、犯罪を取り締まらない警察の問題であり、なんら関係のない、痴漢ではない男性にペナルティを課している現状はおかしいというのが私の意見です。


私も、頭ごなしに、絶対的に女性専用車両があってはならない、とは思ってはいません。

男性と女性それぞれが互いに配慮をして、住みよい社会を構築できるのであればそれに越したことはありません。

「男性全体が悪いわけではないことを認識し、その上で自分では痴漢にやりかえせないからという個人的な理由によって見ず知らずの男性に女性専用車両という形で仕方なく協力してもらうことに、申し訳ない気持ちと感謝をする。
女性専用車両に賛成する女性全てがこのような考えを持っているのであれば、世の女性専用車両に違和感を持つ男性の溜飲も下がるかもしれない。」

上記のような風潮が出来上がっていれば、私も女性専用車両に疑問を持たなくなると思います。

>美人ではない女性の画像を使って女性を貶めて楽しいですか?
>だからあなたたちは理解されないんですよ


インタビューを受けた女性のその後を紹介する記事なので、経緯の説明として元の画像を使用しているだけで、貶める意図はありません。

そう思われたのであれば仕方はありませんが。

ちなみに「あなたたち」とは具体的に何を指すのでしょうか。

私は特定の集団には属しておりませんし、他のフェミニズムや女性専用車両に反対する方々とは、少し違う考えを持っていると思っています。

(少なくとも私は「女が悪い!」とは一切言いません)

No title

>私の文章に、「女性は全員○○だ」というような、女性すべてを画一的に扱っている、もしくはそのように読み取れる部分がございますでしょうか。

「女性専用車両に賛成する人々の中では「痴漢=男性」という等式が成り立っている。
しかし、その人々はその等式を逆から見れば「男性=痴漢」であるという意味にもなる、ということに気づかない。「男が痴漢をするのが悪いんだと思う」という一言は、地球上の人口の半分すべてを「悪」「犯罪者」と断定し、何もしていない大多数の男性の心を傷つける。」



>記事の中で紹介されている、インタビューを受けている女性の意見と私の意見を混同されていませんでしょうか。

私はあなたと女性両方に意見しています


>ちなみに、「やり返す」とは、痴漢被害に遭った人が、犯人に面と向かって「やめなさい」ということ、犯人を自分の手で捕まえること等を指しており、暴力を振るうという意味ではありません。

痴漢被害に遭った後では遅いと思わないのですか?
「防犯」になっていません
あなたは痴漢対策を真剣に考える気が無いのではないですか?

>痴漢にやり返すことができないのは、その人個人と痴漢の問題であり、
さらに言えば、犯罪を取り締まらない警察の問題であり、なんら関係のない、痴漢ではない男性にペナルティを課している現状はおかしいというのが私の意見です。


そもそも痴漢にやり返す必要があるのでしょうか?
痴漢をされた後なのにやり返せば痴漢の事実は消えるのでしょうか?
やり返せば痴漢は減るのでしょうか?
「やり返す」=「防犯」でしょうか?
「痴漢」は犯罪だと分かってますか?
痴話喧嘩じゃないんですよ

警察の問題とおっしゃっていますが、犯罪をする人間側に問題があるに決まっています。
飲酒運転がなくならないのも警察のせいですか?
特殊詐欺がなくならないのも警察のせいですか?
通り魔に殺されるのも警察のせいですか?

No title

>ちなみに「あなたたち」とは具体的に何を指すのでしょうか。

私は特定の集団には属しておりませんし、他のフェミニズムや女性専用車両に反対する方々とは、少し違う考えを持っていると思っています。

(少なくとも私は「女が悪い!」とは一切言いません)


私はあんたがどこに属してようが興味無いです

「あなたたち」とはこのブログを読んでいる人間、ブサイクな女性と美しい女性の写真を比較して女性を貶す行為をしている人間に向けたものです。

女性専用車両の存在によって男性達が差別を感じているならばなくなった方が良いでしょう
しかし私は女性を貶している男性の味方も応援もできません

別の記事のコメントに「男の敵は女」のような文章がありましたけど
このような考えを持った人間と相互理解など不可能です

No title

匿名の方

>「女性専用車両に賛成する人々の中では「痴漢=男性」という等式が成り立っている。

という私の文章ですが、

「女性専用車両に賛成する人々」を指しているのであって、女性全体を指してはいません。

女性の中には、女性専用車両に疑問を持っている方もいらっしゃいますし、男性にも女性専用車両に賛成する人はいます。

男女問わず、女性専用車両に賛成する人々の多くは「男が痴漢をするのだから仕方がない」という主張をする、という意味です。

ゆえに、

>あんたは偏見に満ち満ちている
>「女性」だから「女性専用車両」を「中立的な立場」で見れないと思っている

という指摘は正しくありません。

私は「女性だから女性専用車両を中立的な立場で見れない」とは言っておらず、「女性専用車両を賛成する人々(男女問わず)は、『男が悪い』と思いこんでいる人が多いと言ったのです。


>私はあなたと女性両方に意見しています


わかりました。

>痴漢被害に遭った後では遅いと思わないのですか?
>「防犯」になっていません

そうですね。それは防犯ではありません。

本文中にも書いてあるとおり、本当のあるべき論は「警察が犯罪を防ぐべき」です。まさに防犯をすべき、です。

やれることは たくさんあるはずです。

下記の記事のような、痴漢取り締まりの強化を定期的に実施するだけでも、かなりの抑止効果になると思います。

【4都県警が痴漢一斉取り締まり 39人を摘発(1月) 】
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012101000302.html

「警察庁は「首都圏における痴漢事犯対策強化期間の実施結果」についてまとめた。新年度を迎え、4月15日から21日までの1週間、警視庁、埼玉県警、千葉県警、神奈川県警が電車内における痴漢事犯の検挙と抑止対策の強化に取り組んだ。その結果、電車内での強制わいせつなどで3件、3人、痴漢で59件、58人など、合計78件、77人を検挙した」
http://www.police-ch.jp/news/2010/05/006319.php

少なくともこの取締強化週間が定期的に行われば、痴漢を行おうという者に対するとなるでしょう。

しかし、この記事より後に、このようなことが行われたというニュースは見つけることができません。

また、このような取締強化週間のほか、「警察官(又は警備員)が乗っている車両」も作れば良いと思います。

これは実際に警察官が乗っていなくても、「警察が乗っています」というステッカーが車両に貼られているだけでも抑止になると思います。
わざわざ警察がいる、と言っている車両で痴漢をしようとする者は少ないでしょうから。

そして、実際に導入されている電車内の監視カメラ。

【埼京線の車内防犯カメラ、全編成に 「試験導入で効果」】
http://www.asahi.com/travel/rail/news/TKY201004050285.html

「JR東日本と東京臨海高速鉄道は5日、埼京線(大宮―大崎)を走る全40編成に、痴漢防止目的の車内防犯カメラを設置すると発表した。今年末までに設置を終え、常時撮影するという。

 埼京線は首都圏で痴漢被害が最も多いとされ、昨年12月から2編成で、客室内に防犯カメラを全国で初めて試験導入。効果を検証していた。両社は「警視庁から『カメラによる抑止効果が出ている』との結果を聞き、拡大を決めた」としている。

(中略)

 警視庁によると、埼京線では今年に入り痴漢被害が大きく改善。この
うち1~2月の強制わいせつ事件は3分の1に減ったという。」

さらに4月の痴漢対策強化週間では、監視カメラが導入されていた埼京線車両での犯行はゼロだそうです。

【痴漢摘発、会社員が過半数 首都圏の一斉取り締まり】
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050601000217.html

「首都圏の4都県警が4月に実施した電車内の痴漢一斉取り締まりで、摘発された77人中48人の職業が「会社員」で、このうち21人は過去にも痴漢で摘発された経験があったことが6日、警察庁のまとめで分かった。

(中略)
防犯カメラが導入されている埼京線車両での犯行はなく、警察庁は「設置車両にはカメラが付いていることをステッカーで明示しており、防止効果が出たのではないか」と分析している。」

監視カメラは試験導入の結果、効果があったとされ、埼京線と京王線には導入されましたが、それ以外の広がりが聞こえてきません。
おそらく導入のコストが理由でしょう。

その他、冤罪を防ぐための指紋採取キットをすべての駅に常備したり、痴漢での逮捕の前に必ず繊維鑑定をする等のルールを定める、など様々な方法があると思います。

しかし、実際に行われているのは、女性専用車両というピンクのステッカーを貼っているだけ。

これが一番コストや手間がかからないためでしょう。

No title

>「痴漢」は犯罪だと分かってますか?
>痴話喧嘩じゃないんですよ

まさにその通りです。
「痴漢は犯罪」なのです。


もう一度言いますが、痴漢は犯罪なのです。
では犯罪を取り締まる責任を負っているのは誰ですか?

警察です。

決して、痴漢とは何の関係もない、一般男性ではありません。

>あなたは痴漢対策を真剣に考える気が無いのではないですか?

そもそも、私は犯罪を取り締まることを仕事として、給料を受け取っている者(警察官)ではありません。

防犯について色々と書きましたが、本来、痴漢でもなく、警察でもない私が痴漢対策を考える義務などないのです。

犯罪の防止に努める責任を負うのは警察のはずなのですが、なぜか、痴漢に関しては男性全員が責任を負っていると考える方がかなりいらっしゃるようです。

男性として生まれたからには、自分とは何も関係のない男性が犯した罪を背負うべきという主張には賛成できません。

ちなみに、嬰児(赤ちゃん)殺しの9割が女性だそうです。

あなたは、女性として生まれたことで、自分とは何も関係のない女性が犯した罪を背負うつもりはありますか?
【嬰児殺(赤ちゃん殺し)と幼児殺人被害者数統計】
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm

自分と関係のない女性が犯罪を犯して、その被害者から「犯人と同じ「女」だろ!対策を考えろ!」
と言われることに納得できますか?

>警察の問題とおっしゃっていますが、犯罪をする人間側に問題があるに決まっています。

当然です。一番悪いのは痴漢です。

そして、それを取り締まるべきは警察や鉄道会社です。

以下、当ブログの別の記事から引用いたします。

【悪いのは誰だ?】
http://senyousociety.blog79.fc2.com/blog-entry-5.html

「では、一体、原因は何なのだろうか。
世間では男女双方が、「相手が悪い」と罵り合っているが、本当に悪いのは誰なのだろうか。


まず「男が悪い」、又は「女が悪い」という答えは0点だ。
この記事を読んでいる皆さんが各自、自分が何かしたかを胸に手を当てて考えてみればわかる。
男性は何もしていないし、女性も何もしていない。
男イコール痴漢ではないし、女は被害者だ。(そうではない人もいるかもしれないが)

そして(男全体ではなく、その内の)「痴漢が悪い」という答えは50点だ。
事実としては正しいが、それはただの事実でしかなく、議論がそれ以上先に進むことは無い。
トートロジーというものだ。質問に対して同じ意味の言葉で答えており、何の役にも立たない。
「どうして火事になったの?」という質問に対して「火が燃えたから」と答えているようなものだ。

「痴漢問題(女性専用車両問題)は何が原因なの」に対して「痴漢が原因」と答えても、何にもならない。
大切なのはその先、「火事を引き起こしてしまった、防げなかった原因」、つまり「料理の火の不始末」とか「ストーブの消し忘れ」などの原因を突き止めることだ。

(中略)

まず、痴漢は悪だ。その前提は揺ぎ無い。
痴漢は犯罪であり、それを行った者は然るべき罰を受けるべきである。
では、その痴漢を捕まえることに対して義務を負っているのは誰なのか。

「警察」 と 「鉄道会社」である。

警察には市民の安全を守り、秩序を維持する義務がある。
また、人の輸送を業務として行っている以上、鉄道会社には乗客の安全を確保する義務がある。


つまり、痴漢被害を抑制できず、女性専用車両が導入されるという顛末になった原因は
警察と鉄道会社がその義務を果たしていないことにあるということがわかる。」

>「あなたたち」とはこのブログを読んでいる人間、ブサイクな女性と美しい女性の写真を比較して女性を貶す行為をしている人間に向けたものです。

確かにそのように捉えることもできるかもしれませんね。
私自身にはそのような意図はありませんが、そのように理解されるのであれば仕方ありません。それだけです。


>別の記事のコメントに「男の敵は女」のような文章がありましたけど
このような考えを持った人間と相互理解など不可能です

そのようなコメントがあったでしょうか。
一応確認しましたが、「女の敵は女」「男の敵は男」という旨のコメントはありましたが、「男の敵は女」というコメントはない気がします。

もし見落としていたら申し訳ありませんが、どのコメントのことを言っているのかご指摘願います。

No title

ここのコメントに対するお答えも理路整然としていてたいへん結構です。もったいないので記事として再掲されたらいかがでしょうか。
ブログ主様のご高察と、匿名者の低次元なコメントが際立っていますから。

No title

>通りがかり様

コメントありがとうございます。

たしかに、男女の認識の違いを示すためにはわかりやすいやり取りですね。
再掲を検討しています。
ありがとうございます。
プロフィール

senyou38

Author:senyou38
初めてご来訪の方は、当ブログの趣旨である「はじめに」をお読みください。

当サイトの「もくじ」をご利用ください


女性専用
男性差別
(FC2キーワードランキング)

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
アクセスランキングを見る>>
カウンター(累計)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR